ゴルフのパッティングは、他のウッドやアイアンのように飛距離を出すものではないために、派手さに欠け、見た目だけでは誰でもできそうなようにも見えます。
しかし、このパッティング、プロの試合でも最も勝敗に影響する技術とされ、優勝争いも最後のパットをいかに決めるかで勝利を手に入れられるか否かが決まります。
初心者の方からすると簡単そうに見えるせいでパッティングを甘く見てしまうこともあるかもしれませんが、パッティングを極めれば勝負の瀬戸際で勝利を勝ち取ることのできるゴルファーにもなれるのです。

そういう意味では、パッティングが勝負を決めるということ、つまりパットは金成という言葉にもつながってきます。パットイズマネー あるいは Pat is Moneyという英語のことわざもありますが、そういうことは決して大げさではないということは分かってほしいと思います。

ここではそのパッティングにおける注意事項についてふれておきたいとおもいます。

ゴルフのパッティングでまず注意すること、それは計画性です。
あるいは戦略性と言ってもよいかもしれません。何を意味しているのかというと、パットでは数打打つことを前提において、着実にホールに埋めるための計画を立てるということです。

長いパットを一発で沈めるというのは確かにかっこがいいものですし、気持ちがいいものです。しかしこれは何年も何時間も練習を続けているプロだからこそできるものだということを肝に銘じておいてください。一般の人がロングパットを一発で決めようとするとうまくいかないものです。そしてそれが当たり前なのです。

どうしてもワンパット、つまり一発で決めてやろうと思ってしまいがちですが、これが大きな落とし穴で、ホールに近いほどにワンパットで決めることを狙ってしまいがちで、目先のその一打の事しか考えなくなってしまいます。
そのため「もしその一打がうまくいかなかったとき」のことまで意識が回らず、計画性のないショットになってしまうのです。
対してパットがうまい人はきっちりと計画を立てて、敢えてオーバーホールを狙い、スリーパットも恐れずに打つのです。

パットを打つ際は計画的に、2手、3手先を考えたパッティングを心がけましょう。