ゴルフの勝負はグリーンに乗ってから、と言っても過言ではありません。
つまり、以下にパッティングが正確に的確に行えるかが勝負ということです。

こういうことを言うと、じゃあウェアウェイ上は勝負ではないのかという人が必ずいるのですが、個々ではそういうことを言っているのではありません。まあ少し、いや大部分は言っているのかもしれませんが(笑)

確かにフェアウェイ上でのショットが重要であるのは言うまでもありません。しかし、実は勝負がつきづらい思われるパッティングこそが、ゴルフの勝負の真骨頂だと言っても良いのだと思うのです。

パッティングは体力による有利不利はありません。そういう意味では、女子ゴルファーでもパッティングだけ見れば男子ゴルファーに引けを取るものではありません。だからこそ、ゴルフの勝負の面白さが隠されているのです。

せっかく飛距離を稼いてグリーンに乗せることができたとしても、その後パットがうまくいかなければその飛距離も無意味になってしまいます。むしろ体力的に疲れてしまい、アウト側のラウンドでスコアダウンとなってしまうかもしれません。

ゴルフでプレーをリズムに乗せるには、パットを大事にしなければならないのです。

とはいえ、オーバーホールを恐れ、あと少しパワーが足らずカップに届かない、というジレンマを抱えるのがパッティングでもあり、特に初心者から中級者の方はそういったパッティングのジレンマに頭を抱えていることでしょう。
ここでは、そんな悩めるゴルファーの皆さんのために正確なパッティングのために基礎のお話しをしておきましょう。

パッティングに必要なのは冷静な観察眼と正確無比な技術であり、スイングのような腕力はまったくと言っていいほど必要はありません。
ボールのスタート位置は目から真下かやや左。
テイクバックとフォロースルーのふり幅は同じにし、テンポはゆっくりととり、そこから加速させてから打つのが理想とされています。
このとき、緊張するあまり無駄に力が入ってしまうのはあまりよくないので、リラックスして肩の力で打つようにしましょう。
力んだまま打ってしまうとふり幅が小さい分手打ちになって、ボールコントロールができなくなるので注意が必要です。

また、パターのロフトを利用して、ボールを少し地面から浮かせて目標に向かってショットすると良いです。