プレーをしていてボールがラフに入ってしまうことがあります。できればラフには入らないでほしいと思うかもしれませんが、なかなかそううまくはいかないものです。

また、ラフに入らないように思えば思うほど、毎回ラフに入ってしまう不思議な人もいます。さて、ラフに入った時というのはいたずらに苦手意識を持たないこともまた大切なことです。苦手意識というのは徐々に増幅されていきます。だからラフが苦手だと思ったら、それがますます苦手意識につながっていきます。

そう苦手意識を考えるのではなくて、「ラフがどうした」という気持ちの方がかえってうまくいくのですからこれもまた不思議なものです。最初はそううまく意識を保てないのかもしれませんが、これは練習によって多少は改善できるポイントです。練習というのはスキル的な練習だけでなく、メンタル的な練習も含みます。バランスよく連取をしていくことがゴルフ上達のポイントだと言えます。

さてラフにショットが入ってしまうと、どうしてもボールの回転数が減少して、前進力が低下するのを感じることと思います。
そのようなときに限って対戦相手との差が開くことで焦りが増し、無茶なラフショットを試みてしまうことにつながることもあります。
ですが、焦ったときこそ逆に冷静になって対処法を講じるべきなのです。
焦ったままのプレイではラフに足元を救われていつまでたっても抜け出せないという最悪の状況になりかねません。
ということで、ここではラフに入り込んだときの対処策について話しておこうと思います。

ラフと一言に言ってもさまざまな種類があり、草野生え方・地面の荒れようなどでパターンが変わってきます。
ものによってはプロでもなかなか抜け出せない深いラフも存在します。
このようなときこそ逆にスコアにとらわれず、冷静になってラフから抜け出すことを先決に戦略を練りましょう。
基本は今置かれている地形の把握が最優先事項で、特に芝の生え方が順目か逆目かは球筋に直結しますのできちんと確認しましょう。

地形に合わせてクラブや打ち方を変えることがコツにはなりますが、まずは浅いラフにボールを移動させることを目指して短尺クラブで脱出を目指すのが先決です。
浅いラフに入ったときは、最も近くのフェアウェイを狙い澄まし、遠くを狙うのではなく、確実にボールを置きにいける場所を狙うようにしましょう。