ラフはフェアウェイと違って芝の長さが長いために草が邪魔をして、思い通りのプレイができないことが多く、そのせいで悔しい思いをしている人も少なくないと思います。

「ラフの草の丈がもっと短ければいいのに」と思うことも1度や2度ではないのかもしれません。確かにラフの草の丈がもっと短ければ楽に打つことはできると思います。しかしそれはもはやラフではありません。ラフとはその名の通り、手入れがあまりされていない部分のことであり、それがラフなのです。

だからラフの状態はそういうものだとして、ラフからの上手な脱出方法を磨いた方がよいかと思います。

ということで、ここではそのような人のためにラフでのショットのコツについて紹介しておきたいと思います。

基本として、ラフというのはコースのなかでもフェアウェイに比べてボールコントロールをしづらいフィールドだという原則をまず把握してください。
とはいえ、ボールが浮いているような浅いラフであれば、芝による抵抗もそれほど高いわけではないので、比較的難易度は高くはありません。

ただ注意しなければならないのが、ボールが浮いていると思ったものが、実はボールが浮いておらずちょっと刺激を加えるとラフの中に落ち込んでしまうということも有ります。その場合は、ボールを打ち出すのが難しくなってから後悔してもしょうがないので、今の状態を見極めることを重視しましょう。

しかし、ボールが沈むほどの深い芝のラフの場合、芝が絡まってしまい、想定外の方へとフェイスがかえってボールコントロールができなくなることもあるため、グリップをいつもより強く握ることで芝の抵抗を最低限に抑える努力をする必要があります。

さらにボールが沈んでしまう深いラフになってしまうと、そう簡単には攻略できません。
9番アイアンやピッチングウェッジなどのクラブを駆使することで、とにかく早くそのラフから抜け出すことを最優先事項にしましょう。
深すぎるラフから抜け出せないときは、とにかくより浅いラフに抜け出すことを考えてフェアウェイを目指すのも作戦のひとつです。