ゴルフを始めた人は一通りゴルフルールに目を通してからコースに出ることをお勧めします、ルールを知らないとプレーを楽しむことができませんし、何よりも同伴いただく他のプレーヤーの迷惑になります。

ただこの辺りはタイミングが難しいところなのですよね。コースに出ることを誘われているのに、「まだ下手だから」と断ってばかりだと「あいつはコースに出る気がない」と思われてコースに誘われることが減ってしまいます。

さりとて下手すぎては、皆に迷惑をかけてしまいかえってプレーの邪魔になりかねません。

だから今自分がどのぐらいのレベルがあるのかということを把握しておくこと胃が必要なのですが、それはまた難しいものです。こしゴルフスクールにでも言っているのなら、自分のレベルについてコーチに聞くことができますが、大半の人はそこまでやる余裕はないと思います。

そうすると、自分で自分のレベルを把握するという無理難題を解かなければならなくないります。それはまた難しいですからね。

ですので、結局のところ、たまにはコースには出た方がよいということになります。たまにコースに出て自分の実力を把握することで、自分の今後の課題が見えてきます。

そのようにトライアンドエラー、あるいは試行錯誤を繰り返してゴルフを徐々に上達させていくのが必要だと思うのです。

フェアウェイやグリーンの周りで芝や土の代わりに砂を入れた窪地をバンカーと言います、このバンカーでは特別なルールが有りますので注意が必要です。
バンカー内ではクラブを砂地にソール(ボールの後ろにクラブを合わせる)することが出来ません、砂質を試す行為とみなされ2打のペナルティです、又スタンス後ボールを動かすことも他の場所同様1打のペナルティが付きます、バンカー内は砂が動きやすいので特に注意が必要です。

加えてバンカー内で気を付けた方が良い事にボールの2度打ちが有ります、バンカーの砂の重みでボールが余り飛ばないときにもう1度打ったクラブにボールが当たってしまう現象で、2度目に当たった分も打数に数えなければいけないので注意が必要です。
バンカーでは特別な打ち方が必要で初心者の方は攻略に時間がかかると思いますが、ルールと合わせて勉強すれば上達も早くなるのではないでしょうか。