ゴルフは、上手に全身ならびに手をより使ってスイングすることにより改善されます。それだけは言えるのですが、またそうは言えないのかもしれませんが、それでも私が言いたいのは力に任せられません、ということです。そして、クラブだけ真摯にを取り扱ってください、しかし、また、それは上手に全身を使っていることが大前提です。つまり、それがかけているのであれば、不十分なゴルフを実行することができます。

私は、上手に体をここで使ったバランスを説明したいです。バランスとなると、何か綱渡りのような雰囲気を持つ人がいるのかもしれませんが、そうではありません。ゴルフに限らず、スポーツにおいては体のバランスというのがとても重要になるのです。そしてそれはスキルアップの肝だといって言い過ぎではないと私はおもうのです。まあこれは人によるのだとは思いますが、それはここでは深く考えないことにしておきます笑

我々がスイングするとき、我々が形と圧力に関して慎重であると考えられています、しかし、我々は良心をきき手の方向に向けて、この機会のために重さを動かすつもりです。ベクトルと彼らがそうである力の影響がプレーの身体の動きを占めたとき、規制が重さの変化にとって重要な時は恐ろしい爆発力をそこ以外で引き起こします。また、それどころか、私はボールが時間の規制を延期して飛ぶ距離を調節することができます、そして、重さの変化に関しては、それは私が体をうまく運転するゴルフの大きな武器です。

しかし、重さの変化を指示することは難しいです、そして、それはプロのアマチュアを別れさせる最大の壁であるといわれています。実際、私がそれがプロとリネンで重さの変化のために足で持ち上げる力を測るとき、ほとんど二段階ぐらいのの違いがあります。ゴルフのプログラムのために参照において芸術を得るまで、それが頻繁に練習されるのに必要であるからに心を奪われていることは、行われなければなりません。

いずれにしても普段の練習が欠かせないということです。