プロのゴルファーが体の復活のためにスイングの壁を破ると言われます。私は力と体の復活の弱さを知っているので、そこから制御しているボールの空飛ぶ距離を管理することができて、私たちが考えていた場所に、ボールを送ることができます。

考えている場所にボールを飛ばすことができるというのは高度なことのように思うかもしれませんが、体の使い方を少し変えるだけで不可能ではなくなるのです。ただしそのためには、練習が必要なのは言うまでもありませんが。

そこで私は、ここの振動が生じた場合体の復活の方法を説明したいです。

力が不必要な方向でゴルフのためには集中力は散らばらないので、最小のゴミなしであちこち運動を要求することが理想であると言われます。この辺りはゴルフを続けている人ならなんとなくわかるのではないでしょうか。もしかしたらわからないのかもしれませんが、それは個人の感覚による部分なので何とも言えません。ただし、だれもがゴルフを上達させたいと考えているのは間違いないでしょう。

特に腕のまわりでバランスをとるだけである振動が力を弱めるために簡単で、振動が生じた場合、人は軸の中心がありそれを動かすことなく最小にしなければならない腕から動きを要求します。確かに、パイプを入力して、本体を回すイメージが間近であると言われます、そして、両方とも、武器が常に体の前にあります。

また、体とゴールの達成に変わって、大幅にボールの空飛ぶ距離を広げることができるとき、私は相乗作用で重さの変化と一致している影響を上げます。いくつかは体がそれがこれらを入れる芸術のためであることが必要です、しかし、私は良い人の足の進行と体の復活の引用においてそれを繰り返します、そして、彼はそれを練習しなければなりません。特に推薦されるとき、人は1つの専門の勇敢な風景に、そして、構成概念に閉まるために練習していくと、それは進展の条件で異なるためにそれに語らなければなりません。